インフルエンザ治療薬リレンザの正しい飲み方使い方!

リレンザにはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果と、感染予防の効果があります。リレンザの飲み方は付属の吸入器で粉末を吸い込みます。薬の効果を最大限に活かすためには、正しい飲み方と感染から治療するまでのスピードが重要です。ここではインフルエンザの治療のリレンザについて紹介していきます

*

リレンザの飲み方には注意が必要

   

リレンザは服用できない場合がある

リレンザは細かいパウダーを吸い込む吸入薬です。直接ウイルスに作用するので、効き目が早く、他の薬と比べて安全とされている薬です。ですが、副作用や併用してはいけない薬、禁止事項があるので、添付文書をしっかりと読んで確認しましょう。

リレンザの添付文書は薬を処方されたときに一緒に付いてきます。また、厚生労働省のホームページでも確認できます。

過去にリレンザを服用してアレルギー症状が起こった人や、乳製品にアレルギーがある人は注意しなければいけません。リレンザは吸入薬のため、気管支炎にかかっている人や、喉に炎症がある人は使用を控えた方が良いでしょう。

インフルエンザを治療しないと危険という場合に限り、妊娠中でも服用できます。

どのようなときに服用が可能か、専門の医師に相談するのが望ましいです。

リレンザの副作用に注意する

リレンザはインフルエンザの治療と予防に使われます。副作用が少なく、異常行動を引き起こす可能性も低い、比較的安全な薬です。しかし、使用上の注意があるため、しっかりと添付文書を確認する必要があります。

アレルギーやアナフィラキシーショックの症状が出たときは速やかに医療機関を受診しましょう。副作用として腹痛や頭痛が出る場合がありますが、様子を見て、だんだん治まっていくようであれば問題ありません。皮膚がただれる、呼吸しにくい、呼吸するときにゼイゼイと音がする場合は、ショック症状を起こしている可能性があります。

また、リレンザと解熱鎮痛剤の併用は避けましょう。市販の解熱鎮痛剤の成分は、インフルエンザ脳炎やライ症候群を引き起こす恐れがあるのです。